「間違えないで踊ること」ってそんなに大事?

「ダンスをする」とか「踊る」って事が目標としている事、

何のためにダンスしているのかって事、

「ダンスがうまくなりたい」

「姿勢がよくなりたい」

「運動不足を解消したい」

「単純に楽しみたい」

人それぞれにいろんな気持ちがあって、

日々スタジオでのレッスンに汗を流しています。

その中で、一つだけ気をつけてほしい事。

「『振付を間違えないで踊ること』を一番の目標にしないでね」

という事。

  

僕自身も、最初のころはステップ一つにしても、覚えるのに必死で

そのステップを覚えたら自分が一つレベルアップした気がして嬉しくなって、

新しいステップ、動きを覚えることに夢中になって、

レッスンで振付をどれだけ早く覚えられるかが目標になってた時期が

確かにありました。

  

そして今、自分が今度は教える方になってレッスンをしているとね、

もちろんレッスンで振付は覚えてほしいです。

特に発表会とか、本番用に作った振付などはすぐ覚えてもらって

次にどんどん進めたい時、

申し訳ないけど、確かにあります。

  

でもね、そんな時でも(理不尽な要求かもしれないけど)

「間違えないで踊ること」を一番の目標にしてほしくないのです。

それは「合ってるか、間違っているか」の問題になってしまうから。

ダンスって、踊ることってそういう事じゃないです。

ダンスは「表現する」事だから。

表現するって事は「合ってるか、間違っているか」じゃないのです。

  

レッスンしていると

振付を間違えたからと言って

曲の途中でもその場で踊ることを辞めてしまう子がいます。

とても残念だと思うと同時に、

僕のレッスンが

「合ってるか、間違っているか」で判断してしまうような

レッスンになってしまっていたかと考えました。

今後のレッスンに生かしていきます。

    

以上

「『間違えないで踊ること』ってそんなに大事?」

という事について考えてみました。

20170326132658(18).jpg