そうだ、ストレッチをしよう。

4月になって新年度になりました。

相変わらず新型コロナウィルスの影響は

猛威を振るっていてこんな新年度になるなんて

だれも予想しなかった事でしょう。

  

いつ終わるのか先が見えなくなってきて

気が滅入りそうになりますが、

なんとか元気を出して前に進んでいきたいところです。

という事で、少し気分転換。

「そうだ、ストレッチをしよう。」

用意するものは普通の大きさのタオル

KIMG1690.JPG

シューズは大きさの参考までに。ストレッチには関係ありません。

  

ストレッチをする時に大事なことは2つ。

その1:力を抜いて、勢いをつけず、歯を食いしばらない。

その2:息を止めず、ゆったりと大きく息を吸って吐きながら。

自分のペースに合わせて無理をせず

マッサージの「少し痛気持ちいい」くらいで充分です。

※まずはタオルの両端をもって肩回し(写真①)

KVID1691(1).jpg

 背筋をまっすぐに、身体が前後に揺れないように肘を伸ばして

 ゆっくりとタオルを持ったまま前後に腕(肩)を回します。

 タオルが短ければ大きめのものを用意するか、対角線同士を持つと少し長くなります。

 回すタイミングに合わせて呼吸をするとよいでしょう。

 最初は両腕同時にできなければ片腕づつ、また肘が曲がっても構いません。

 慣れてきたらタオル(肩)を回すときに首が短くならないように

 前も後ろも同じ速さで回すように意識するとよいでしょう。

   

※続いて肩のストレッチ(写真②③)

KVID1691(2).jpg

 タオルを頭の上で肩幅くらいに持ち(長さは各自調節、一回巻くと安定する)

 そのまま横に引っ張ってゆっくり息を吐きながらキープ

 腕は頭の後ろに通します。肘が後頭部に当たるくらいまで行けば十分。

 背筋はまっすぐのまま、曲げずに引っ張るとよいでしょう。

 写真③は反対の場合。

KVID1691(3).jpg

※最後は背中を洗う動きでストレッチ(写真④⑤⑥⑦)

 今度はタオルを背中を洗うように縦に持ち背骨に沿うように上下に引っ張ります。

 背中がそっくり返って胸が突き出ないように注意するとよいでしょう。

 下から上にゆっくり引っ張り上げたら息を吐きながらキープ(④)

KVID1691(4).jpg

 今度は上から下に引っ張って同じく息を吐きながらキープ(⑤)

 この時、上の肘が耳の横から離れすぎない方がよいでしょう。

KVID1691(5).jpg

 左右持ち手を変えて反対も(⑥⑦)

KVID1691(6).jpg

KVID1691(7).jpg

回数や長さに制限はありませんが5分位で2~3回のペースでできれば

少しは気分転換になって気分もスッキリするのではないかと思います。

  

興味がありましたらお試しください。