およそ2週間前。託す思い。

3月になってました。

今日は啓蟄。春の陽気で

閉じこもってた虫も出てくる

という日だそうですが、

花粉の方が大量に出てきているような

気がします。

鼻声、涙目で失礼致します。

  

関東圏の1都3県では緊急事態宣言が

2週間ほど延長されそうです。

解除して人の流れが一気に増えるよりは・・・

という事でしょうか。

でも・・・2週間後と言えば・・・21日(日)

!!

お披露目会本番の日じゃないですか。

・・・一抹の不安。

早速先ほど会場に確認したところでは

既に会場の予約をしている団体、個人については

感染に十分注意したうえで会場の使用を認める、

という事でした。

今のところ最悪の事態は避けることができてよかったのですが、

営業自粛とか様々な影響を受けている職種の方々の

緊張と不安のドキドキってこんな感じなのかな、

と考えてしまいました。

  

スタジオのみんなには

イベント中止やら活動自粛やら先の見えない

不安定な状況の中で、

それでもこの1年間培ってきたモノを

本番のステージでしっかりと出し切って欲しいと

思います。

  

何ていうのかな。

もうね、そこは普段レッスンをしている

「生徒」じゃないのです。

一緒に本番のステージを作る

「出演者」なのです。

そしてそんな出演者に思いを託して

見に来てくれる人達の前で踊ってもらうのです。

出演者のみんな、

あと少しで本番だよ。

お披露目会チラシ.png

20210226-131518.JPG

20210226-132018.JPG